目のクマの原因~喫煙も目のクマの原因に

喫煙による目のクマへの影響について書いてみたいと思います。

タバコは血行を悪化させます

青クマの原因が
血行不良によるものであることは、すでに述べてきました。

血行不良によって暗赤色になった血液が、
目の下の薄い皮膚を通してクマとして見えるのが、
青クマです。

タバコは、その血行不良を引き起こす原因の1つとして挙げられます。

タバコにに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。
血管収縮による血行悪化は、当然目の周りにも及び、
青クマの原因となります。

喫煙は茶クマの原因にも

上記のように、血管が収縮し血行が悪くなると、ターンオーバーが乱れることにもつながります。
ターンオーバーが乱れると、メラニンの排出がスムーズに行われず、
茶クマをつくる原因ともなります。

コラーゲン生成に必要なビタミンCが消費される

黒クマ解消に必要となるのが、目元のハリです。

ハリに重要な役目を果たすのがコラーゲンですが、
そのコラーゲンの生成にはビタミンCを欠かすことができません。

喫煙は、体の中のビタミンCも消費します。
コラーゲンが不足し、黒クマができているとしたら
その原因の1つとして、喫煙が考えられるかもしれません。

ご存知の通り、タバコには有害化学物質が含まれ、
美容と健康に悪影響を及ぼします。

目の下のクマだけでなく、美しい肌の実現を妨げるものの1つと言えるでしょう。

>>「目の下のクマ解消法~気になる目のくまを消す!」TOPへ

このページの先頭へ